FC2ブログ
 

玉露によるリーフ解説+α

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ リーフと私 □

リーフ! ~如何に私がホムを愛するようになったか~

最初は、リーフに興味がありませんでした。

ホムンクルスなのに人間みたいな格好しやがって!
僕が本当に好きなホムンクルスは、
ゴーレムやアル・エルリックや鉄人28号みたいな
硬くて大きくて頼りになる奴がいいんだい!

そう思っていたのです。

なんとなくエンブリオを用意して、今から使ってみるという時ですら、

「強そうなホムンクルスは、いないんだよなぁ・・・
 でも、折角の新システムを試さないのも勿体無いし・・・
 とりあえず、ふわもこな羊さんで妥協するかな・・・」

というような、消極的な姿勢が崩れる事はありませんでした。

しかし、私がエンブリオを使った瞬間。
目の前に呼び出されたのは、ふわもこの羊ではなく、
あどけない幼女の姿をしたリーフでした。

「あれ、リーフじゃん・・・」
「なんか普通だし、オタ趣味の人がいっぱい選びそうだし」
「頑張って、羊が出るまでやり直そうかな」

そんな思いが一瞬頭を過ぎり、リセットしてみようかと思ったのですが・・・
どうしても、「del」の文字をクリックできません。
私の中の何かが、「del」の文字にカーソルを合わせることを躊躇っているのです。

ははは、馬鹿な。
ホムンクルスとは、いわば私が呼び出したプログラム。
それを消し、新たに書き直すことに何の抵抗があろうか・・・

何故か湧き上がってきた罪悪感と、それを必死に否定しようとする理性。
相反する感情を抱え、煩悶する私がふと目にしたのは、
ホムのステータスウィンドウ下部にある親密度「疎疎しい」の4文字。

「・・・とりあえず、エサでも食わせてみるか」

そしてその瞬間が、私とリーフの長い付き合いの始まりとなったのです。

スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2006/07/25
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://gyokurochan.blog57.fc2.com/tb.php/1-d7802bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。