FC2ブログ
 

玉露によるリーフ解説+α

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ リーフのAI解説 □

リーフのAI ~rhapsoAIの場合~ (2006年10月10日更新)

rhapsoAI配布所(rhapsoAI)
動きやすさ◎ 狩りやすさ☆ 設定しやすさ☆ 総合評価☆

非常に分かりやすく、誰にでもオススメできるAI。
AI初心者には敷居の高かったAILuaやconfigなどを触る必要はなく、
簡単なホムンクルス用の設定画面を操作するだけで、様々な設定を行えます。
しかも、ホムンクルスの再読み込みの必要もありませんので、
設定を反映させる時間を短縮でき、狩場ごとの設定調整が素早く行えます。
基本動作もスムーズでこれといった問題は見当たりませんし、
今のところ私の知る限りでは、一番のオススメAIです。これは・・・いいものだ!

ただ、私のホームグラウンドの亀地上では、少し特殊な不具合がありました。
ホムをアクティブにしている時、ノンアクティブの緑亀を殴りに行く際に、
近づくだけで何もせずに緑亀の目の前で止まり、そのまま引っかかってしまう事が多々あります。
AI知識のない私が邪推するのも気が引けるのですが、
緑亀が他プレイヤーにポーションピッチャーを行った事がある場合、
ホムが横殴りになると勘違いしてブレーキがかかってしまうのではないかと推測されます。
しかしながら、普通に亀地上で狩りを行う際には、
緑亀とカエルは殴りに行かずに無視するのがセオリーなので、
rhapsoAI設定ツールの「戦闘」のページにあるレベル別行動の項目に、

・22レベル以下の敵を無視する(タラフロッグのレベルが22)
・63レベル以上の敵は攻撃しない(パーメットタートルのレベルが63)

という具合に制限を設けてやれば問題ありません。
こうすれば、ホムが緑亀自体を無視しますので、引っかからなくなります。

また、現在では珍しい、奥義スキルの発動設定項目があり、
フィーリルのSBR44、リーフのメンタルチェンジ、アミストルのブラッドラストなどの発動条件を、
ホムンクルス用の設定画面から簡単に設定する事が出来ます。
特にリーフのメンタルチェンジは、
「召喚と同時に発動」「攻撃時に発動」を選べるようになっていて、
リーフ使いの狩り環境に合わせて自由に変更することが出来、超オススメ。
メンタルチェンジの設定項目に関しては、恐らくこのAIが最も優秀です。

簡単操作、豊富な設定。汎用性が非常に高く、初心者でも安心して使える素敵AI。
ただし、あまりに操作が楽なため、通常のAI設定画面を弄るのが面倒になってしまうかも?
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2006/10/01
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://gyokurochan.blog57.fc2.com/tb.php/18-58c65157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。